日本共産党の党員の高齢化

どうしても日本共産党の党員の高齢化が進んでいます
本当に経済的 世代的継承が待ったなしの大問題となっています
まず団塊世代の党員が退職しています
その事で存続の危機に直面しているところが薄暗くないのです
多くの地域支部ここで年配の党員活動の中心麻になっているため高齢化が進んでいるため若い人が少ないためいろいろな問題が変え 問題ていますか
つまり日本共産党の高齢化
これをどうして求めることができないでいます
もちろん 高齢化が進んでもそれでも若い人たちが入党してれば何の問題もないのですが
しながらが若い人たちが入党すると言ったことが難しいのです
どうしてがあると私は思うのですがまず若い人向けのパンフレットこれが圧倒的に少ないということが挙げられると思います
参院選ではようやく初めてわかりやすいパンフレットわかりやすいポスターというものが作られました
それはわかりやすくする必要があったからです
なぜならば戦後初めて日本形成史上初めて18歳以上にまで選挙権が引き下げられたからです